新古車とは? 購入時のチェックポイントについて
新古車とは? 購入時のチェックポイントについて

新古車とは? 購入時のチェックポイントについて



中古車を探している最中に、"新古車"や"未使用車"といったキーワードを見かけたことがあるという方もいるのではないでしょうか。ここでは、未使用車の具体的なメリットと注意しておきたい点についてご紹介します。中古車探しの際に、ぜひお役立てください。


■“新古車”とは何か

■“新古車”とは何か

“新古車”とは、簡単にいうと中古車と新車の中間に位置づけられる車のことです。具体的にいうと、ディーラールームで試乗車や展示車として新車登録されているが、走行距離がほとんどない車を指します。ほかの中古車と比べると新車同等のスペックを保っているものも少なくないため、新古車は中古車のなかでも人気のジャンルとして定評があります。

ここで注意しておきたいのが、“新古車”というキーワードです。車の販売店が“新古車”という単語を使用するのは、「消費者に混乱をもたらす」ということで禁じられています。したがって、新古車にあたる中古車は“未使用車”という表記で販売されています。ただ、このルールが適用されるのは自動車公正取引協議会に加盟している販売店だけで、加盟していない店舗では例外として新古車の表記をしているケースがあります。基本的には、協会が定めた一定のルールの下で営業している販売店のほうが信頼性があると考えられています。


■未使用車を選ぶ際の注意ポイント

■未使用車を選ぶ際の注意ポイント

前述したように、未使用車は中古車のなかでも高品質なものが多いため人気があります。しかし、未使用車にはそうしたメリットだけでなく、デメリットや注意しておきたい点もあります。

例としてあげられるのが、走行距離の問題です。ほとんどの未使用車は登録やそれに伴う移動時にのみ稼働するため、走行距離は数キロから数十キロ程度となっています。しかし、なかにはディーラーの試乗車として使用されて走行距離が多くなっている未使用車もあるので、事前に確認が必要です。

また、諸経費についてもしっかりと把握しておくことが大切です。本来、未使用車は点検や整備にかかる費用がそれほど高額になることがありません。さらに、メーカーの保証が残っている可能性も高いので、保証継承という形で保証を引き継ぐことも可能です。しかし、ごく一部の悪質な販売店の中には、点検整備や保証で必要以上の見積額を提示してくるところもあるので注意が必要です。


■高品質なものだからこそ、注意深く選ぼう

■高品質なものだからこそ、注意深く選ぼう

いかがでしたか。高品質な中古車である未使用車は、多くのユーザーにとって魅力的な商品です。だからこそ、選ぶ際にはメリットだけでなくデメリットや注意ポイントもしっかりと把握しておくことが大切です。



▲ページ上へ戻る