チェックポイントはどこ?10年落ちの中古車を購入

チェックポイントはどこ?10年落ちの中古車を購入

0

車は乗り出してから10年経過すると、走行距離が10万キロ前後になっているのが一般的。このような中古車は価格が安くなる傾向がありますが、その分、劣化が進んでいるケースが多くみられます。

10年落ちの中古車の、要チェックポイント

10年落ちの中古車の、要チェックポイント

「少しでも安く車を購入したい」という方のなかには、あえて10年落ちの中古車を狙って購入しようと考えている方もいるはず。その際は、しっかりと車の状態をチェックすることが大切です。
まず、車の使われていない期間をチェックするため年式を確認しましょう。車は、動かさない期間が長いと劣化してしまうもの。車検の時期と比較しながら、確認することをおすすめします。次に走行距離をチェックします。改ざんされている可能性はゼロではないため、車検証に記載されている走行距離とメーター部分に違いがないかを必ず確認しましょう。
外装の傷やへこみは、修理されているなら問題ありませんが、なかにはそのままになっているケースもあるかもしれません。見つけた際には、無料で修理してもらえるかどうかを確認してみましょう。また、内装に関してはエアコンなどの装備品のチェックはもちろん大切ですが、喫煙車かどうかを判断するため臭いや天井のベタつきなども確認することをおすすめします。
10年落ちとはいえ、車の価格が安すぎると不安に感じる方もいるはず。そのときは、事故歴がないかどうかを調べましょう。販売員に聞くことはもちろん、ボンネットやトランク内部を確認することが大切です。たとえば、ボンネットやトランクに使われているネジが新しくなっているなど、明らかに手が加えられている場合やボンネットを開け、異音がした場合は事故車の可能性があります。どちらもしっかりとチェックして、事故車を購入してしまうことのないようにしましょう。
このように、10 年落ちの中古車を購入する場合は、納得できるまでしっかりチェックすることが大切です。

10年経ったら交換すべき部品

10年経ったら交換すべき部品

下記に挙げた部品は、メーカーが走行距離10万キロを目安に交換を推奨しているものです。
・タイミングベルト
タイミングベルトとは、エンジンの出力回転軸と吸気バルブを連動させるための部品です。切れてしまうと車が動かなくなるほか、最悪の場合エンジンが壊れてしまう恐れがあります。
・オルタネーターブラシ
オルタネーターブラシは、エンジンをかける際に発電をしている部品です。すり減ってしまうと発電不可になり、走行できなくなってしまいます。
・ブレーキホース
ブレーキホースとは、ブレーキフルード(または、ブレーキオイル)が通るホースのことです。ゴム類でできているものは、長期使用や車の使用環境により劣化し、仮に破損するとブレーキが効かなくなる恐れがあります。
上記以外にも、10万キロを目安に交換したほうがよい部品はいくつかあります。これらを十分に調べたうえで、中古車を購入することをおすすめします。

後悔しない中古車選びのために

後悔しない中古車選びのために

中古車は新古に関わらず、前オーナーの使用状況や保管の仕方によって状態が異なります。もちろん、問題なく走る車も多くありますが、10年落ちの中古車に関してはさまざまな箇所が劣化している可能性が高いといえます。そのため、10年落ちの中古車を購入する際は、上記のポイントをぜひ車選びに役立ててください。

中古車を探す

オークネット.jpでは、全国の中古車について、 「評価点と星の数」の情報をもとに、信頼性の高い中古車情報を提供しています。
車種・エリア・走行距離等の基本的な中古車の状態から、「評価点と星の数」による検索、装備品等のオプション等の詳細検索等、こだわりの中古車を様々な角度から探すことが可能です。 国内外の各メーカー・車種を多く取り揃え、皆さまに安心と信頼の全国の中古車についての情報をお届け致します。